てんこもり堂ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワークショップ6回目報告

<<   作成日時 : 2012/08/20 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日8/19におこなった「シェイクスピアを旅する(6回目)」ワークショップの報告です。
是非ご覧ください。

************************
「シェイクスピアを旅する(6回目)」 読む本「ハムレット」
2012年8月19日(日)14時〜18時 場所:京都芸術センター 制作室8
参加者11名+2名(てんこもり堂)(参加者は20代〜60代、男8名・女5名)
進行はてんこもり堂の藤本がつとめました。

14:10〜14:40
本日のワークショップについて、流れと説明(大きく2場面を取り上げ読みます)
参加者の自己紹介(名前と自分とシェイクスピアの関わりについて)。
→自己紹介を伺っていて、「ロミオとジュリエット」を知っている方が多いとわかった。
→いろいろな各人の状況とハムレットが引き合い、今回ワークショップに参加された方が多かった。

14:40〜15:15
シェイクスピアは実際にいたのか?という雑学を含め、あらすじを皆で読む。
第一幕一場の亡霊登場のシーンを読む(1回め)。背景などの説明もおこなう。

15:15〜15:20 休憩

15:20〜16:00
第一幕一場の亡霊登場のシーンを読む(2・3回め)。
(亡霊を登場させたり、雄鶏の声を入れたりする。)

16:00〜16:35
第二幕第一場のハムレットとオフィーリアのシーンを読む(1・2・3回め)。
状況などの説明を入れ、何度も繰り返し読む。

16:35〜16:40 休憩

16:40〜17:00
第二幕第一場のハムレットとオフィーリアのシーンを読む(4回め)。

17:00〜17:10
第二幕第一場のハムレットとオフィーリアのシーンを二人ごとのチームを作り、よみあわせをする。
5チーム作成→ハムレットとオフィーリアを男と女でやるチームがあれば、入れ替わってやるチームもあるし、どちらも男、どちらも女がやるチームもできた。

17:10〜18:00
5チームの「ハムレットとオフィーリア」を発表上演。

************************
今回は「声を出して読む」行為とともに、相手に「セリフを渡す」意識や声のつながりを意識してワークをおこなった。
参加者の幅広い年齢層は多様な声を生み、何回も読むことで「他者の声を聞く」面白さを感じて頂けたと思う。
ずっと椅子に座って読んでいたが、最後立って体が動すことでまた別の面白さ・楽しさを発見して頂けたと思う。

参加して下さる方が楽しんで声を出してやってもらえるワークショップをこれからもやりたい。
シェイクスピアという途方もない大きなものに皆で挑めて大変心強く、うれしかった。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。


(きん)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

てんこもり堂の勝手におススメ

ワークショップ6回目報告  てんこもり堂ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる