8月の演劇公演が無くなっていく

こんばんは、きんです。
コロナウイルスの状況もあり、京都でおこなわれる予定の8月の演劇公演が少しずつ無くなっています。

なんとか演劇公演がしたい!
そんな気持ちが強くなっています。

少しのお客様であっても、生で演劇を見て頂きたい。

今回のお話は、偶然同じ死に場所を選んだ男ふたりのお話。
「命を弄ぶ」、、弄ぶってどういう意味でしょうか。
なんとなくわかるようで、ちゃんとわかっていない言葉のような気がします。

ぜひ見にきて下さい。
予約のみでの受付です。
当日精算はございません。

どうぞお楽しみに。

++++++++++++++++++++++++
てんこもり堂第13回公演  岸田國士短編劇
「命を弄ぶ男ふたり」
8/9~10、人間座スタジオ
公演詳細は以下

命を弄ぶ男ふたりチラシ.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント