2020年度てんこもり堂の活動予定

◎2020年度てんこもり堂の活動予定◎

●てんこもり堂 第13回公演
『命を弄ぶ男ふたり』
2020年
8月9日(日)18:00
8月10日(月・祝)11:00 / 15:00
会場:人間座スタジオ
上演時間は約50分を予定。
詳細はこちら→終了いたしました。ありがとうございました。


●てんこもり堂 夏の予定
→7/19の「りっとう演劇祭2020」に参加する予定でしたが、演劇祭は2021年7月に延期になりました。


●てんこもり堂 第12回公演
『ロミオとジュリエット』
2020年
4月11日(土)19:00
4月12日(日)11:00 / 15:00
会場:人間座スタジオ
上演時間は約70分を予定。
詳細はこちら→公演は延期になりました(3/17現在)

romijyuri.png





※最新ブログはこの下にあります。

劇場で芝居を観る

こんにちは、きんです。
少し涼しくなったでしょうか。

9月から演劇の公演も少しずつ増えてきました。
コロナウイルス対策も、来週より緩和される感じでしょうか。

劇場に行く機会が減ったので、6〜8月は映画館に通いつめましたが、9月からは劇場にも行きたいと思います。
このような状況でも、やることもみることもあきらめたくないなと思っています。

昨日は久しぶりにTHEATRE E9 KYOTOに行きました。
壁の花団の朗読(朗読劇?)でした。
面白かった。
やっぱり劇場はいい。
違う呼吸が出来ます。

7F5D5F2A-FA21-4C1B-850F-5230468AD960.jpeg
40E4DA4A-DD0B-43FB-8B55-B1A18A4BAE22.jpeg
劇場近くの建物、、
夜は恐いだろうな〜
ドキドキする建物がたくさんありました。
また劇場近辺も散策したいなと思います。

(きん)

9月になりました〜

こんばんは、きんです。
大型台風。
なんとなく怖くて家でじっとしています。

B8ECD97D-EC25-48B6-BA8C-01461C78B858.jpeg
昨日は日舞の稽古。
めちゃくちゃいい天気で、稽古後どこか遠くに遊びに行きたい気分になりました。
モクモク入道雲!
まだ夏ですね!!

私の中では8月のてんこもり堂公演が終わったので、夏が終わった感じ(笑)
ちょうど先週に公演の精算会&反省会をしました。

年内はもう公演が出来ないかなと。
来年に向けて少しずつ準備ができればと思います。
稽古はコツコツやりますよ〜

(きん)

映画をみる、歴史をしる

こんにちは、きんです。

7月、8月に以下の映画をみました。

●韓国映画『マルモイ ことばあつめ』(オム・ユナ監督作品)
●ライブ映画『ストップ・メイキング・センス』(ジョナサン・デミ監督作品)
●アメリカ・ドイツ映画『名もなき生涯』(テレンス・マリック監督作品)

『マルモイ ことばあつめ』は、私の好きな映画『タクシー運転手 ~結束は海を越えて』の脚本家の方が初監督をした作品です。
緊急事態宣言中、パソコンで様々な動画を見ていた中で韓国映画もいくつかみて、今回この映画をみにいきました。
日本が韓国を支配していた時代のお話で、知らないことがたくさんあり愕然としました。
日本にも方言はありますが、韓国にもたくさんの方言があり、その扱いをどうするか色々な人々が話をしている姿が大変面白かったです。
20FC4A92-951A-4E33-9EE9-0EA5866B3E49.jpeg

『ストップ・メイキング・センス』は、アメリカのロックバンド「トーキング・ヘッズ」のライブ映画です。
秀逸という言葉がぴったり。
はじまりが大変面白く、舞台のような、映画のような、音楽ライブのような、いろいろな面から楽しめるものでした。
最近アメリカの音楽シーンをチェックしていて、たくさん聴いています。
単純に「トーキング・ヘッズ」の音楽が面白いので、「トーキング・ヘッズ」をチェックしないといけないなと思いました。
バンドメンバーそれぞれが個性的で、面白い団体です。

『名もなき生涯』は、実際にあった兵役を拒んだ農夫のお話で、家族のお話です。
「歴史に残らないような行為が世の中の善を作っていく。
名もなき生涯を送りー
今は訪れる人もない墓にて眠る人々のお蔭で
物事が さほど悪くはなないのだ」(ジョージ・エリオット)
今年本当にみてよかったと思う映画作品の一つです。
自然の風景をたくさん使用し、音の扱い方・使い方が秀逸。
たくさん語りすぎないところがすばらしく、戦争の映画ですが、戦闘機は出てこない。
「ツリー・オブ・ライフ」を以前見ましたが、それを超える傑作です。
上演時間約3時間、見始めて正直後悔しました。
しっかり見ることができるのだろうかと。
途中あきらめかけましたが、なんとか最後まで見れました。
見て本当によかった。
じれったいところがたくさんあるのですが、すっと進むということは大切ではなく、本当はじれったいことが大切であることを感じました。
14732386-C041-4200-A91D-FD49AE0A8263.jpeg

まだまだ映画もみにいきますが、
9月は舞台をみに行きたいと思います。

(きん)

お盆に美術館

こんばんは、きんです。
てんこもり堂の公演が終わって、お盆になって、あっという間に今日になりました。
暑い、とにかく暑い!

いつもならお盆は人出が多いのでお墓参り以外は極力外出しないのですが、久しぶりに美術館に行きました!

今美術館も予約制なので客数も限られていて、すごいゆったりと鑑賞することが出来ます。

天井が高く広い空間で自分時間でゆったり見れる、
サイコーです。
すごい気分転換になりました。
贅沢。

美術館には美術作品をみるだけでなく、美術館という空間を味わいにいくようなところがあります。

コレクション展が良かったです。
見たことのない京都の人々が寄贈した作品や、時代をあらわした作品がとても良い。
また秋も行こう。

F0D7EB0E-DFE8-480B-8C08-0616A19ED49B.jpeg
60AE11EC-AABA-4B4B-AE57-3300D3414599.jpeg
8153529C-99A8-4DA9-BE24-EF63B52D21C6.jpeg
そして次はどの美術館に行こうかな。

(きん)

8/12 『演劇。』

こんばんは




ゆうぞうです。

およそ一年ぶりの舞台が
終わりました。


この状況下でも
舞台を一緒に作ってくれた
スタッフさん!

劇場へ来てくださることを
選んでくれたお客様!

そして
ふじもとさんに金さん!


ありがとうございました。


みんなの想いがあるから
舞台が成り立っていくのだなと
改めて感じました。





このコロナの中での
本番はちゃんと終わるのは
二週間後に体調が、
全員無事であることですね。


みなさん健康でありますように!


集客も
コロナ対策の準備も
他にも
なにも、お力になれず


反省の稽古ですね。。


二人で芝居というのも
藤本さんとガッツリ演技も初めてでした!


なかなか思うように演じることができず、

たくさん
大事なことを教えていただきました。

本番を迎える度に
いつも

あー

たのしいな、

舞台、お芝居
たのしいなー

って思います。

もちろん今回も
楽しかったです。


またはやくしたいなと思います






大事なことを決断するとき
、悩んでる時に

ちゃんと、
相談することって

大事だなと思える公演でもありましたね


話さないと

分からないですからね。


たった一言相談するかしないかで
きっと全く違う

心持ちで本番を、迎えていたと思います。



本当にみなさん
ありがとうございました


また必ず元気にお会いしまょう!!


おやすみなさーい。
DSC_3544.JPG

公演終わりました~

こんにちは、きんです。
DSC_3552_CENTER.JPG
8/9-10のてんこもり堂第13回公演「命を弄ぶ男ふたり」が終了いたしました。
ご来場頂いたお客様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

いつも以上に色々と勉強になった公演になりました。
コロナウイルス対策・熱中症対策は、今だから必要というわけではなく、普段も本来注意しておくべきことを含んでいるなと実感いたしました。

また客席はゆったりとした感じだったので、いつもより芝居をしっかり見て頂くことができたかと思います。

上演時間50分。
この時間のために遠方から来て頂く有り難さ。
せめて1時間半くらいはお芝居したいですが、今は短めで精一杯。

私は公演終わって、今はせっせと働いています。
猛烈に働いております。

仕事に芝居、これからもせっせとやっていこうと思います。

さて次回はいつ出来るのか?

(きん)

本日最終日~

こんにちは、きんです。
本日てんこもり堂の舞台、最終日です。
DSC_3541.JPG
公演準備中~
DSC_3543.JPG
お待ちしております。

------------------------------------------------------
てんこもり堂第13回公演  岸田國士短編劇
「命を弄ぶ男ふたり」
8/9(日)~10(月・祝)、人間座スタジオ
公演詳細は以下から
日時指定、完全予約制

広島原爆の日

こんにちは、きんです。

本日、広島原爆の日。
式典は規模を縮小しておこなわれました。

毎年8月は戦争や核、命について考えるとき。
8/6、広島原爆の日。
8/9、長崎原爆の日。
8/15、終戦記念日。
もし日本が無条件降伏しなかったら、東京に原爆が落ちていた可能性があると、今日はじめて知りました。

知らないことはたくさんある。
毎年少しずつでも知りたい。


今回このような世情にあって、「命を弄ぶ男ふたり」を上演しようと決めたのですが、命について考える時、戦争というものも避けらないなと思います。

漠然とした不安の中でどう向きあうのか。
戦争に行く若者の心持ちと、命を自分で絶とうとする若者の心持ち。
命について色々リンクするところがあるように思います。

喜劇の要素はありますが、ずいぶんと暗くなるかもしれません。
若者のゆうぞうが葛藤しています。
いつもと違うゆうぞうが見れるかもしれません。
そうして大人になっていくのだなと、
勝手に藤本さんと私はしみじみしています(笑)

コロナウイルス対策を施しながら、劇場で皆様のご来場をお待ちしています。

(きん)
------------------------------------------------------
てんこもり堂第13回公演  岸田國士短編劇
「命を弄ぶ男ふたり」
8/9(日)~10(月・祝)、人間座スタジオ
公演詳細・ご予約は以下から
日時指定、完全予約制
命を弄ぶ男ふたりチラシ.png

準備物が多すぎる

こんにちは、きんです。
週末、公演本番用に色々買い出し。
今回はコロナウイルス対策もあるので、準備物が多い。
液体、液体、ジェル、、扇風機!

液体って、ジェルって、紙じゃないよ。
確かに紙も束になったら重いけど。
重くなる状況しかない!

色々いるものが増えて、劇場にたどりつけるのか。

昨日稽古後、舞台監督さんと打ち合わせをしていて、どこに何を設置するか等々、確認が多すぎて、一個確認したら一個忘れるみたいなことになっていました。(笑)

とりあえず出来ることをやるしかない!

是非お越しくださいませ。
---------------------------------------------------------------
てんこもり堂第13回公演  岸田國士短編劇
「命を弄ぶ男ふたり」
8/9(日)~10(月・祝)、人間座スタジオ
公演詳細・ご予約は以下から
日時指定、完全予約制です。
皆様のご来場をお待ちしています。
命を弄ぶ男ふたりチラシ.png